001 The Fool/愚か者は、本当に「愚か」なのか?

 

雲ひとつない 晴れの日に
剣の代わりに 花を掲げて
軽やかに ハナウタ歌って

足元に横たわる 過去ではなく
頭上に広がる 未来を仰いで
旅の始まりを 謳歌する


タロットカードの最初のカード
「0_The Fool」

このカードに続く
大アルカナと呼ばれる 合計22枚のカードは
わたし達 人間の一生の過程
そして 精神性の成長のプロセス
と言われている

 




この「プロセス」は

スタートから 始めて
ゴールにたどり着いて 終わり

という
一直線の道では 決してなく

周り巡りながら上昇していく
いわば 螺旋階段

タロットカードの一枚一枚は
その一コマを 切り取ったもの

 


​では
最初のカード「愚か者」は
何も知らない、無垢な赤ちゃんの
よちよちの第一歩なのか というと
そうばかりとも 言えない


新しい学校
新しい職場
新しいコミュニティ

新しい学び
新しい思想
新しい人間関係

物理的に存在する「場所」でも
精神的な「領域」でも

未知なる世界に飛び込むとき
わたし達は みな 赤子のように
無知で 無防備で 無邪気だ


ゆえに
「The Fool」で描かれる若者の(5秒後の未来の)ように
犬に吠えられて ビックリしたり
崖から落ちて 怪我をしたり
するかもしれない

そんな姿を 周りの人々は
「愚かだ」と 嘲笑うかもしれない

 

まあ よく見たら危ないよね…

 

だけど もしも
「愚か」であることを恐れて
未知なる世界に飛び込まぬまま
永遠に 「既知の世界」に
閉じこもっていたとしたら…


今日明日は 安心・安全かもしれない。
だけど 3年後、5年後、10年後…
どんな現実が 訪れるか?

​​
「既知の世界」は「持続可能」ではない

扉を閉めて閉じこもった家も
閉じこもった者自身も
少しずつ 少しずつ 朽ちていく

その間にも
外の世界は 変容していく

「愚か者」になることを恐れて
動かずにいると
「愚か者」と呼ばれること以上に
大きなツケを払うことになってしまう

 



だからこそ 何度でも
慣れ親しんだ場所を後に 旅に出る。
​​
「持続」を超えた
「真の成長」のために

ゼロから
「愚か者」と呼ばれながら
旅の途中
痛みと失敗を 体験し
学びと気づきを 積み重ね

そのたびに
新しい衣を纏い
力を手に入れ 魂を磨き

そして
ある日また
頭上に輝く王冠を 静かに置いて
再び 新しい旅へ出る


その 繰り返し、繰り返し。

 

 



意識的に自らの意思で
新しい旅を始めるために
「ゼロ」に還る


「ゼロ」は「空」であるがゆえに
何にでもなれる=変幻自在・無限大の可能性を孕んでいる
​​

「愚か者」の本当の正体は

生まれたての 赤ちゃんのように
眩い生命力と 無限大の可能性を孕み

旅の過程で傷つくことを 恐れない
そんな勇敢さを持った 魂の冒険者なのだ​。


 


問い
あなたはこれまで、どんな「愚か者の旅」をしてきましたか?
あなたはこれから、どんな「愚か者の旅」をしていきたいですか?

 

 

 

あなたの魂の旅が

愛と光に満ちてありますように。

 

 

愛より愛こめ

 

コメントは利用できません。

お逢いできること、楽しみに。

Copyright 2022 Ai Love Kotoba