天使ですけど、なにか?

わわわわわ、週一更新のはずが、すっかりご無沙汰さまでした。

いつのまにか、バンクーバーは秋の風。

通りの樹々たちも赤や黄やオレンジに色づいて

すっかりブーツにコートが板についちゃいました。

布一枚で生きていたいわたしは、ちょっと寂しい。

けど、寒くなるとじぶんの中の熱や、誰かの温度をいっそう愛おしく感じる。

 

あと、甘いラテやホットチョコレートがいっそう身にしゅみ~る。

image-7

2016年9月。

宇宙情報によると、この9年の大舞台が幕を閉じて、“大完結”したそうです。

7月の銀河新年、8月8日の愛のゲートOPEN、

そして9月の大完結(あんどお誕生日)。

みなさん、どんな3ヶ月でしたか?

わたくし、もう、1ヶ月前のじぶんも、2ヶ月前のじぶんも、3ヶ月前のじぶんも、

なんだかぜんぜん、別人のよう。

ぜんぶじぶん、なんだけど、真ん中は同じ、なんだけど、ぜんぜん違う。

それは、ある時点で「決めた」から。

じぶんがどう生きたいか。

何をして、誰といて、何を着て、何を食べて。

どんな風に感じて、生きたいか。

奴隷のとして生きるのはやめる。女王さまとして、生きる!

 

そうしたら、何を手放すべきか、わかった。

image-8

大切に抱きしめていた誰かを、何かを、じぶんの感情を、

じぶんの一部として生きてきたものを、切り離すのは怖い。

けど、気づかないフリをしてぎゅ~っと握っていても、

宇宙の波が、どんぶらこ~と襲ってきて、天使の声が追っかけてきて。

もうもうもう、手放すしか、選択肢がなくなって。

そうして、

「手放した」瞬間、「決めた」瞬間からの、スピードたるや。

 

ほんのちょっと前のことが、遠い過去のように思い出せないくらい。

細胞が実際生まれ変わってるように、

わたしたちは、いつでも生まれ変われる。

じぶんでそう「決めた」ら、いつでも。

そんなわけで、

お誕生日な9月、かみさまからの贈りものとして

愛をたくさん、じゃぶじゃぶいただいて、

この9年間のステージもまた、感謝とLOVEでもって幕を閉じ

ハイ、10月! 新しい章が幕を明けまして、おめでとう!

image

宇宙的には、この10月、

もうすでに2017年、新しい年の、新たな9年サイクルの、エネルギーらしく。

そんなこんなで、ここ数日、

出会うひと出会うひとの濃ゆいこと、濃ゆいこと。

そのひとたちからいただく、ことばの、エネルギの、凄いこと、凄いこと。

映画でも、詩でも、スポーツでも、料理でも、絵画でも、なんでも。

すべてを突き詰めたとこの源泉は、つながってる。

“ぜんぶ”は“ひとつ”で、みんな、それぞれの窓として、“源”を体現してる。

体現してるひとは、潜在的なり、顕在的なり、
自分の “正体” をわかってる。

わたしの“正体”は、なんなんだろう?

そのこたえと、真正面から、向き合う時が、きたんだなあ。

じぶんの正体と向き合ったときに、じぶんの正体を受け入れたときに

そこから“ぜんぶ”が流れ込んでくる。

“ぜんぶ”は“ひとつ”となり、“ひとつ”は“ぜんぶ”となる。

そんな“正体”と“正体” 同士が出逢って、

向き合って、愛し合って、また何かを生み出せる。

その繰り返し、繰り返しの、愛の連鎖でもって、

今この世界は、在る。

そんなことを考えていたら、あるところから、

インフィニティ、無限大 “∞” のサイン、またひとついただきました。

そして一緒にいただいた、名ことば。

「愛ちゃん、“天使ですけど、なにか?” みたいな顔してる」

なんの約束もないのに、ワクワクしてる。

“いま” というつぶつぶが、キラキラしてる。

それ以上に、何が必要なんだろう?

新しい章で、また。

愛するみなさんの“正体”と、た~くさん愛し合えることを、楽しみに。

ご一緒に、どんな世界をつくりましょか:D

愛より愛こめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ai.love.kotoba@gmail.com

Copyright 2017 Ai Love Kotoba