手放したあとに、やってくるもの

8月最後の水曜日。雨でしたね。

雨の朝ってきらいじゃない。

目が覚めたら空気がひんやり冷たくて、雨のにおいがして、

車が水をはじく音が聞こえる。

おふとんからはみ出た手足が、やさしいふわふわに包まれてるような感じ。

(そしていつまでも眠ってしまう……)

8月は、無限大、宇宙からの “∞” サインをもらって、

いろんなものを、手放してきた気がします。

お世話になったお仕事、お別れした恋人、ぐるぐる迷走しがちな思いグセ。

ぜんぶ、かつてはわたしの一部であり、わたしを守ってくれたものであり、

それらがあったからこそ、いまのわたしがいる。

一度自分と一体化しちゃったものを切り離すのは、

それが愛おしければ愛おしかっただけ、簡単ではないんだけど

でも、もう十分に愛し合ったんだよ、学び合ったんだよ。

“お別れ”ではなく、“卒業”なんだよ。と、知っていたから

“そこ”にいなくても、“ここ”にあると、わかってたから

 

ありがとうって感謝してハグして、手放しました。

image-7

手放したあとは、なんだかスースーして寂しくて、

またそこにポイポイ何かを入れちゃいそうになるんだけど

そやって寂しさを埋めるために引き寄せた何かは、かりそめでしかない。

だからそこちょっと我慢して、

孤独をふくめて自分と向かい合って抱き合って愛し合って

そしたら、空っぽにした場所に、愛のベールがふんわりかかる。

ほんとに必要なものを迎え入れるための、特別なスペースになる。

なる、んだ!!! と、信じ、

いっぱい自分とデートして(もちろんたまにゃ~かわいいひととデートして)

キャンプにもハイキングにも行かず、水着にも着替えず、な8月。

でも、なんだかいい夏だったな。

時々しみ込む孤独も切なさもふくめて

いまここにあること、ただわたしであることが

雨のにおいみたいに、花のにおいみたいに、ふわっと漂って

あ、わるくないな、しあわせだなあ、って思う。

それは、

太陽の下で、一緒に笑ってくれるひと

プルプルよろよろしてる時に、ひそかに見守って支えてくれるひと

ときどき泣いてたら、飛んできてハグしてくれるひと

遠くても近くても、愛を送ってくれるすべてのひと

そんな、みなみなさまのおかげです……。

8月最後の日に、ありがとう。

image-8

9月は、Earth Wind & Fireが “September*” で歌ってる通り、愛が生まれた月。

今月も引き続き、いつもよりよぶんにワクワクしながら、大切に過ごします。

*最初のフレーズが “Do you remember the 21st night of September?”

ハイ、愛が生まれた21日の夜、しかも1978年ドンピシャってすごくないですかっ!!

あなたの上の空がくもりでも晴れでも

今日も明日も、いいこといっぱいありますように。

9月からも、よろしくね:):) らぶ。

愛より愛コメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ai.love.kotoba@gmail.com

Copyright 2018 Ai Love Kotoba